成年後見とは

成年後見という制度が日本にはあります。これは精神上の障害が生じたことによって正常な判断能力が失われてしまったときに、その人が不利益を被ってしまわないように家庭裁判所に申立をして、援助してくれる人を用意してもらうという制度のことです。

年寄りたとえばお年寄りは認知症になってしまうことによって判断能力が失われてしまうことがあります。そのままの状態で放置しておくと、自分に不利な契約を無理やり結ばされてしまう可能性があります。そのようなケースを避けるためには成年後見の制度というのは便利なものとなります。たとえば悪質な訪問販売員がいて、その人から無理やり高い商品を買わされてしまうケースがあります。このようなケースが起きたとしても、成年後見制度を上手く利用することによって被害を避けることができます。

成年後見の制度を適用されたとしても、その人の自己決定権はできるだけ尊重します。また、残存能力は上手く活用するようにします。ノーマライゼーションを大切にしている制度なのです。そのため、普通に日常生活を送ることはできるのです。その人に判断できないような事態になったときに、初めて成年後見人がその役割を果たすのです。

成年後見制度というものはこのようなものとなっています。それでは実際に成年後見制度を利用するためにはどうすれば良いのでしょうか。何か注意しなければいけないことはあるのでしょうか。そういった気になる点についてこちらで解説をしましょう。